「メイドカフェが気になるけど、ひとりで行く勇気がない!」

「友達を誘って行きたいが、メイドカフェに興味がある友達が周りにいない!」

初めてメイドカフェに行くのってなかなか勇気がいりますよね。

まず、結論から言うと、メイドカフェはひとりで行きづらい場所ではないです!

なので、確かに最初は勇気はいるかもしれませんが、安心してひとりで飛び込んでみましょう!

以下、具体的な解説です。

※ちなみに初めてメイドカフェに行こうと思ってるけど、どういうところなの?という人は、こちらのページもオススメします。

初めてのメイドカフェでも、ひとりで行っても大丈夫!

まず、メイドカフェは牛丼屋やラーメン屋みたいにひとりの客がいっぱいいるので、ぜんぜんひとりで来ても周りから浮くこともないです。

グループ客もいるにはいますが、7割ぐらいは新規の観光客です。

メイドさんも何も思わない

入店時、メイドさんに「うわ、コイツぼっちかよ」と思われたら悲しい。

そんな不安を抱えているとしたらご安心下さい。

メイドさんはそんなひどいこと思わないです。

メイドさんって「萌え萌え〜!!!!!」みたいな、テンション高めなイメージがあるので陽キャと勘違いされがちですが、実際のメイドさんは陰キャが多いので、ひとりでいる人を見下すことはまずないです。

ひとりの方が得!

メイドカフェってメイドさんがずっとつきっきりでお話してくれると思っている方もいるかもしれませんが、実際はめちゃくちゃお店が暇なときでもないかぎり、そんなに長時間ガッツリお話はできません

細かい時間はお店ごとに違いますが、メイドさんと一回の会話の時間はだいたい決まってると思って間違いないです。

そしてその時間は1テーブルだったらひとりだろうがグループだろうがほぼ変わらないと思っていいです。

なので、例えば4人で行った場合、メイドさんが3分いてくれたとしても、4人でその3分を分けることになるので、ひとり45秒です。

それが、1人で行けば3分まるまるメイドさんを独占できます。

もしメイドさんとたくさんお話したい場合は、ひとりで行ったほうが良いです。

友達とかとグループで行くと楽しめなくなるリスクがある

一緒に行く友達がメイドカフェやメイドさんに対してリスペクトの心があるのならべつに問題はないのですが、もし、興味も関心もない友人を連れて行こうと考えているのなら、そこにはリスクがあることを覚えておいて下さい。

友達がイキりだしたら終わり

まず、その友達がイキりだしたら終わりです。

例えば友達が周りのオタクっぽい常連さんを見て笑ったりなんかしたら、そこで働いてるメイドさんからしたら気分悪いですよね。

もう、最低限の表面的な接客しか受けられないと思ったほうがいいです。

「普段オタクの相手してて大変だね」

これはメイドさんが言われたくないセリフ1位です。

これを友達が言い出したらもう終わりです。

そんなことわざわざ言う人はあまりいないと思いますが、そういうこと言いそうだなと思う友達とは行かないほうがいいです。

友だちの前でアナタはどこまで感情を開放できるか

さすがにそこまでデリカシーのない友達はいないよという場合も、もうひとつリスクがあります。

それはアナタが友だちの前で恥ずかしがってしまうかもしれないというリスクです。

例えばメイドさんが「萌え萌えきゅ〜ん!」とやってくれても、友達の前だとカッコつけて「ふ〜ん、なるほどねぇ」みたいな対応をしてしまうかもしれませんよね。

それだとアナタ自身も心から楽しめてないですし、やっぱりメイドさんサイドもリアクションが薄いとテンションも下がります。

やりすぎもさすがに引かれますが、ある程度メイドさんにニヤニヤするのはもはやマナーです。

ひとりでメイドカフェに行く際のアドバイス

時間をつぶすアイテムを持っていこう

本とかノートパソコンとか時間を潰せるものを持っていくといいです。

上でも書きましたが、メイドさんがずっと居てくれるわけではないので、ひとりでメイドカフェに行く場合は、空いた時間をつぶすアイテムを持参するとスマートです。

スマホでも良いのですが、僕の実体験的ではスマホだけで時間をつぶすのは結構しんどいです。

あと見た目的にもあからさまに”時間つぶしてます感”が出てしまうので、ちょっとな…って感じです。

それと例えば本を読んでいればメイドさんに「何読んでいるんですか?」みたいな話を振ってもらえることもあるので、そういった面でもオススメです。

呼び名を用意しておこう

これはひとりじゃなくても起こりうるのですが、ポイントカードを作る際に名前を聞かれます。

その際に答えた名前が、今後そのお店でアナタが呼ばれる名前になります。

本名フルネームを答える人はほとんどいなくて、だいたいはあだ名だったりハンドルネームです。

そういうのがない人は事前に考えておいたほうがいいかもしれません。

また、その場ではTwitterのアカウント名を伝えておいて「◯◯に行ってきました!」みたいなツイートをしておけば、店名でエゴサしたメイドさんからいいねやリプがもらえるかもしれません!

これは小さいお店の方が可能性は大きいです。

別に一緒に行くひとがいるなら一緒に行っても良い

ここまで書いておいてなんですが、べつに一緒に行ける人がいて、やっぱりひとりだと勇気がでないなという人は複数人で行くのも全然ありです。

もし友達がメイドカフェに興味がある場合は、むしろ一緒に行ったほうが面白いかもしれません。

ここでお伝えしたかったのは、もしそういった人が周りにいなくても、ひとりでも問題なく楽しめますよということです。

どちらにしても、そこまで敷居の高いコンテンツではないので、もし迷ってるひとがいるのなら、ぜひ一度行ってみて下さい!