「メイドカフェが気になるけど、女性が行っても大丈夫かな?」
「誘える友達もいないし、ひとりで行っても浮かないかしら?」

メイドカフェに行きたい女性の方って結構いると思うのですが、なかなか初めて行くには勇気がいるますよね。

「自分以外のお客が全員オタクのおじさんだったらイヤだな」とか、不安は色々あると思います。

ただ、結論から言うと、女性がメイドカフェに行っても全然大丈夫です。
さらに言えば、1人で行っても大丈夫です。

今回の記事ではなぜ大丈夫なのかを解説していきます。

メイドカフェに女性が行ってもおかしくない?

自己紹介が遅くなりました。
このサイトの管理人の石橋(@ishibashi0909)と言います。
メイドカフェオタクです。

改めて主張させていただきますが、メイドカフェに女性が行ってもおかしくありません

確かに男女比だけでみれば女性のほうが少ないですが、全然、女性のお客さんはいます。

お店に入った瞬間、メイドさんや客たちが「女だ!女が来たぞ!!」と騒ぎ出すみたいなことはありません。

カフェの延長線上にあるのがメイドカフェ

メイドカフェについてキャバクラやガールズバーの延長にあると思うと女性が行くのはちょっと…となると思いますが、基本的にメジャーなメイドカフェはカフェの延長線上に位置しています。(歌舞伎町とかにあるいわゆるコンカフェはその限りではありません)

そのため、カフェ巡りみたいな感覚で、メイドカフェも楽しむことができます
ドリンクやスイーツが美味しいお店も多く、可愛く盛り付けられているので写真映えもするのも嬉しいポイントです。

あと、勘違いされがちですが、ずっとメイドさんがいて喋り続けてくれるわけではないので、普通のカフェみたいにぼんやりゆったり時間を過ごすことができます。

ひとりでも大丈夫

最初ひとりで行く勇気がない人で、また誘える友達とかがいる場合だったらグループで行ってもいいと思います。

一見、メイドカフェに興味ないだろうなぁみたいな友達でも、誘えば男女どちらでも来てくれるケースが多いです。

ただ、実際に行ったとき”感想を共有できる”というメリットはありますが、それ以外に「グループで行ったから良かった!助かった!」みたいなのってとくに何もないです。

むしろ、ひとりで行ったほうが「コイツ、ガチだ…!」とメイドさんに伝わり、気合の入った接客を受けることができるかもしれません。

それと、女性の常連さんはひとりで来るケースが多いので、女性のひとりだから浮くみたいなこともないです。

孤独な人にはとくにおすすめ

例えば「上京したばかりで友達もいなくて孤独だ」みたいな人は、本当におすすめです。

まず、普通にしていれば「あの人、孤独だからメイドカフェ来てるんだろうなぁ」と周りから思われることはないです。
そして、お店の中だけの関係なので、人間関係のトラブルが起きるリスクも少ないです。

誰かの陰口や噂話をしてくることもなく、こちらにとって都合の悪い事の詮索もしてこないので、ストレスのない人間関係を築くことができます。

通っていけば、店員と客の関係のままではありますが(ちょっとさみしい)、だとしても、それなりに仲良しになることができます。

また、メイドカフェ通いを趣味といえるレベルにしてしまって、Twitterなどでレポートを書いたりしているとフォロワーが増えてきて、そこで人間関係を広げることもできます。

いろんな理由があって孤独な人っていると思うけれど、ぜひそういう人にこそ行ってほしいのがメイドカフェです。

男性と比較した際の女性のメイドカフェ通いのメリット

メイドカフェでは女性だからこそのメリットもあります。

認知してもらえやすい

まず、男性客よりも分母が少ないので、ちょっとでも通えばすぐにメイドさんに認知してもらえます。

そして新規の男性客は警戒されがちですが、女性客の場合は最初から受け入れてもらえるのもポイントです。

チャージ料が安い(BAR系)

BAR系のお店はチャージが男性客より安いケースが多いです。

ただ初めてのメイドカフェとして行くには敷居が高いかもしれません。

初めての女性におすすめのメイドカフェ

初めての女性におすすめのメイドカフェは東京で言えば@ほ~むカフェとワンダーパーラーの2つです。

上記の2店の共通点は女性のファンが多いところです。

他にも、おすすめしたいメイドカフェはたくさんあるのですが、とりあえず上記の2店に行っておけばまず間違いはありません。

@ほ~むカフェ

言わずとしれた最大手のメイドカフェです。

全体的にお給仕のクオリティが高く、テーマパークのような感じで、オタクだけではなくて、観光客や家族連れ、外国人、そして女性客など、様々なひとでも楽しむことができます。

また、サンリオと頻繁にコラボしているので、コラボ中はサンリオ好きの女性客も来ます。

ワンダーパーラー

@ほ~むカフェはいわゆるイメージ通りの萌え系のメイドカフェですが、ワンダーパーラーは対局に位置するクラシカルなメイドカフェです。

19世紀後半のイギリスのような世界観の店内で、まるで本物のようなメイドからお給仕をしてもらえます。

紅茶も『マリアージュフレール』など、本格的なものを飲むことができます。

立地的にも池袋にあるのでメイドカフェは気になるけど秋葉原には目的がないみたいな人にもおすすめです。

ちなみにワンダーパーラーさんについてはこちらに情報をまとめたので、参考にして下さい。

過ごし方のイメージ

「人見知りだし、なんにも面白いこと言えないし大丈夫かな」って心配もあると思いますが、何も考えずに入店して、ただ座ってれば大丈夫です。

とくに@ほ~むカフェは人見知りで「…あっ。……うぅ。」みたいになっても、メイドさんがちゃんと会話を成立させてくれるので安心です。

あと、ワンダーパーラーはそもそもおしゃべりできないので、それはそれで逆に安心です。

コミュニケーションのアドバイス

メイドさんから見てわかりやすところに、ディズニーやアニメなどのキャラクターのグッズやアイテムをつけておくと、「◯◯好きなんですか~?」と聞いてくれるケースも少なくないです。

逆にお店のよってはメイドさんがキャラクターのグッズをつけているケースもあるので、そこから話題を広げることもできます。

まとめ

ここまで女性にメイドカフェをおすすめするポイントを説明しましたが、一旦まとめます。

  • メイドカフェはカフェの延長線上、女性が1人で行っても大丈夫!
  • 孤独なひとには特におすすめ。良い距離感でストレスのない人間関係を築くことができる。
  • 女性客はすぐに認知してもらえるなどのメリットもある
  • 初めてなら@ほ~むカフェかワンダーパーラーがおすすめ
  • 人見知りでも座ってればどうにかなる。

確かに男性客の比率は多いですが、メイドカフェは確実に女性にもおすすめのコンテンツです。

興味が湧いた方はぜひ一度行ってみて下さい!

本サイト(カーテシー)では、他にも初めてメイドカフェに行きたい人に向けて、様々な記事を書いています。

以下のページに初心者向けの情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

ではでは〜!