「メイドさんに好かれたい。」

そんな悩めるオタクの皆さんこんばんわ。石橋です。

今回は皆さんに僕の考えるメイドカフェでの会話術を伝授します。

まぁ、会話術を伝授というと、

めちゃくちゃメイドさんにモテまくって、連絡先交換して、わっしょい!わっしょい!

みたいなこと?

と、期待してしまいますが、残念ながら僕にそこまでのノウハウはわまりません。

そうじゃなくて、あくまで最低限の部分、基礎的な部分について説明していきます。

なので、メイドさんから『まぁまぁ話しやすいお客さん』『それなりに楽しいお客さん』、と思ってもらえるぐらいの内容です。

ちょっと風呂敷を広げすぎました。

具体的に言うと、この記事は

「コミュニケーションが苦手で、メイドさんと喋っててもいつも空回りしちゃう」

「初めてメイドカフェに行こうと思ってるけど、うまく喋れるか心配」

みたいな人が参考にしてくれたらと思います。

結論!メイドさんに興味を持ってもらえればOK

結論から話してしまうと、メイドさんに興味を持ってもらえればOKです。

メイドさんに「このお客さん気になるわ」と思わせたら勝ちです。

メイドさんに興味を持ってさえもらえれば、トークが下手でも、コミュニケーションが苦手でもどうにでもなります。

あなたに興味を持ったメイドさんは、あなたのシドロモドロの話をちゃんと聞いて、話題を広げてくれるようになります。

メイドさんは自分に1ミリも興味がないと思え!

じゃあ、どうすれば興味を持ってもらえるかというと、メイドさんは自分に1mmも興味がないと思うところから初めます。

大概のメイドカフェでは、メイドさんの方からニコニコしながら楽しそうに話しかけてくれますが、それはあなたがお客さんだからです。

そこを勘違いして、メイドさんにとって興味のわかない話を延々しゃべっていると、メイドさんはあなたの話を我慢しながら聞くことになります。

メイドさんに我慢させたらダメです。

そうではなくて、今、目の前にいるメイドさんは自分に全く1ミリも興味がないと思ってしゃべるようにしてみましょう。

そうすれば、おのずと相手に興味を持ってもらえる話題を意識してしゃべれるようになるはずです。

相手に興味を持て!

ここまで読んであなたは『興味をもってもらえる話題』って何?と思われるかもしれません。

難しく考える必要はありません。

相手に興味を持ってもらうためには、まずはこちらから相手に興味を持てばいいのです。

例えばかわいい女の子から「私はあなたに興味があります!あなたについてもっと知りたい!」って言われたら嬉しいですよね。

それはメイドさんも同じです。

確かにあなたはかわいい女の子ではないのかもしれません。

しかし、まぁ、興味を持たれたらメイドさんは、それなりに嬉しいはずです。

なので、一番最初の『興味を持ってもらえる話題』とは、自分の話ではなくて、相手の話です。

『そのメイドさんのことすぎる話題』はNG

だからといって、いきなりメイドさんに「顔が可愛いですね」というのは、あまり良い手だとは思いません。それなりに技術が必要な攻め方だと僕は思います。

例えばあなたもいきなり他人に容姿のこと言われたら嫌じゃないですか?

たとえそれが褒め言葉だとしても、身体やパーソナリティに近い領域の話題は、トークに自信がないかぎりは序盤に触れるべきではないです。

“そのメイドさんに関する話題”であるべきですが、”そのメイドさんのことすぎる話題”も警戒されてしまいます。

腕時計など身につけているアイテムを褒めるとか、もっと広げてそのメイドカフェを褒めてみるのもいいと思います。

そのメイドカフェの話題も、メイドさんにとってはかなり”自分の話題”です。

興味を持っていることが伝われば、相手も自分に興味を持ってくれる

メイドさんに興味があるということがちゃんと伝われば、メイドさんサイドもあなたに興味を持ってくれます。

そうすれば、おのずとメイドさんの方から「◯◯さんって△△なんですか?」と聞いてくれるようになります。

そうしたら自分のことを話すようにしましょう。

NGな会話

ここではメイドカフェでよく見かけるNGな会話を解説していきます。

しゃべるな。聞け!

上の『相手に興味を持て』の項目と似ているのですが、一方的に喋ってるとメイドさんは離れていきます。

それよりも「聞き役」になってトークの合間のに自分の情報をチョイチョイ小出しにしていったほうが良いです。

それと、そもそもメイドカフェというのはメイドさんが主役の空間です。

そして、みんなのメイドさんです。

我々はあくまでオーディエンスであって、でしゃばるべきではありません。

メイドさん7:自分3ぐらいの比率でしゃべると丁度いいと思います。

やはり「話し上手は聞き上手」です。

考えてから喋れ

たまに、何も考えないで喋りたいことを喋っている人がいます。

例えば「今日3時間しか寝てないわぁ~」とか「うちのおばあちゃんも蠍座だよ」とか、だから何なんだよって話題です。

よく言われますけど、会話はキャッチボールです。

そのボールを投げたとき、果たしてメイドさんはキャッチしてくれるのか。

そして投げ返してくれるのか。

そういうのを考えてから、ボールを投げましょう。

加点式ではなく減点式のイメージで!

ここまでメイドさんに好かれる方法を説明してきましたが、ぶっちゃけて言うと、そこまでアレコレ考えないで、普通にしていればそれなりに仲良くなれると僕は思っています。

“他のお客さんを押しのけて、そのメイドさんと誰よりも一番仲良しになりたい”とかだったら、周りと差をつけていかなくてはいけません。

しかし、メイドさんと普通に仲良くなりたいな程度だったら、マイナスの要素を作らずに、メイドカフェに適度に通って顔を合わせてたら、それだけで仲良くなれます。

それなりに通っていればメイドさんが興味を持ってくれるからです。

そういう面では、メイドカフェは加点式ではなく減点式です。

メイドさんはオタクに寛大なので、見た目がアレだとか話すのが苦手だとか、その程度でマイナス評価はされません。

メイドさんと仲良くなれない、壁を感じるなどの人は、何かが足りないのではなくて、上で説明したようなどうでもいいことを喋りすぎたりなど、何かをやらかしてしまっている可能性が高いです。

振り返りましょう。

※ちなみにTO(トップオタ)を目指すなら、他のオタクと戦う必要があるので加点式です。

というわけで今回は以上になります。

今回の記事は「こんなに上から書いて、自分はいったい何様なんだ…」と自問自答を繰り返しながら書きました。

それでも誰かの役に立つことがあれば幸いです。

あと、Twitterやってます!

気軽にフォローして下さい!

ではでは~!