概要

2階がエリカスパルサ

ちびまる子ちゃんでおなじみの静岡県静岡市清水区にあるメイドカフェ、エリカ・スパルサについて紹介します。

メイドカフェがほとんどない静岡の貴重な1店。

駅から10分ぐらい人通りの少ない道を歩くので、初めての人は少し不安になるかもしれません。

でも、そんなに難しい道順じゃないから問題なくたどり着けれると思います。

ちなみに僕の地元も静岡なので、お正月に帰省した際に行ってきました。

営業時間やシステムなどの詳しいことは、お店のサイト(以下のURL)をご確認ください。

http://ericasparsa.official.jp/index.html

お店の雰囲気 

  • メニューにはシャンパンとかキャスドリがなく、ちゃんとメイドカフェといった感じです。
  • べつにお酒を頼まなくてもソフトドリンクだけでも問題ない雰囲気です。
  • メインの客層はオタクの男性だが、中年くらいの女性や女装の人もいたので、幅広くウェルカムな感じなのだと思います。
  • 萌え萌え~な感じの接客ではなく、フラットでフレンドリーなイメージです。
  • 席数は20名ぐらい入れそうなぐらいで、カウンターのほかにテーブル席がありました。
  • 僕が行ったときはカウンターが満席でテーブル席に案内されましたが、たまにメイドさんがちゃんと周ってきてくれてお話できました。
  • システムとしては、最初の1時間分はチャージ&ワンドリンク代で、そこからは追加注文だけでいられるので、長く居たほうがコスパはいいのかもしれません。
  • メイドさんの対応もお客さんの雰囲気も居心地がよく、おすすめのお店です。

お店の特徴

特筆すべきはオフショルダーのメイド服!

オフショルダーのメイド服って珍しいと思うのですが、清水の港町を表現したかのような爽やかなデザインです。

僕が行ったときはお正月だったので巫女さんの服装だったので、次はぜひ通常日にご帰宅したいです。

メモ

メイドさんに聞いた話では、メイドさんは20名近くが在籍しているらしいです。

それを聞いて、僕はメイドさんをやりたいたい女性が静岡にこんなにいたのかと驚きました。

なぜかと言うと、静岡はアニメ暗黒大陸といわれており、アニメが全く放送されないという事情があります。

僕が静岡に住んでいた頃(10年ちょっと前)の静岡はアニメと言えばキテレツ大百科とちびまる子ちゃんが延々と再放送されまくっているだけでした。

そのため、そもそもが低いオタクの市民権も、静岡の場合は他県に比べてさらに低く、というか、目に見えるところにオタクはいませんでした。

静岡のオタクは隠れキリシタンのように、人目につかないところで隠れてオタオタしていたように思います。(ぼくの周りではそうだった)

なので、もし僕が静岡にいたころは静岡にメイドカフェなんて考えられないような状況だったのです。

もし当時「静岡でメイドさんをやってます」なんて言ったら、県民たちから石を投げられたり、家を焼かれたりしていたと思います、というのは大げさだけど、なかなかやってますと言うのは勇気がいることだったはずです。

メイドさんが言う話では、今はネットを通じてアニメを見ることができるようになったので、アニメに関しては東京とそんなに差がなくなったのだそうです。

きっと、それでオタクも増えて、市民権も上がり、メイドさんをしたい女の子も出てきたのだろうなと思います。

いい時代になったなとしみじみ思いました。